不動産投資信託で個人投資をスタートさせよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

資金調達のために

メンズ

資金調達を賃貸経営でおこなっている企業の多くが、貸借人からの家賃の回収を、賃貸保証会社に任せています。賃貸保証会社には、不払いとなっていた場合の取り立てや、不払いが続いた場合の退去の要求、新しい貸借人の募集も任せることができます。これにより賃貸経営の効率が良くなったり、利益が安定したりするのです。

もっと読む

家を貸す場合の保証制度

男の人

借りている方が家賃を支払うことができなくなってしまった場合、貸す側としては困ります。家を貸す際にできるだけリスクを少なくする方法として、家賃債務保証会社を利用するといいでしょう。家賃が支払えなくなった借主の代わりに家賃を支払ってくれるサービスを行っています。

もっと読む

転勤時に便利なサービス

建物のイラスト

リロケーションは、転勤等によって一時的に住人が不在となるマイホームの管理をサポートするサービスです。防犯・防災対策のほか、自分が住んでいない間だけ他人に貸したいといったオーナーの要望にも応じ、管理業務を代行します。

もっと読む

資産運用の手法

ウーマン

株式同様にリアルタイムで売買できる不動産投資信託は、50万円程度でも購入可能な銘柄が多いために、個人投資家の間でも注目の的です。投資対象を絞り込むときには個別銘柄の特徴を把握することが重要であり、その場合には不動産投資信託の情報サイトが役立つでしょう。利回り5パーセント以上の銘柄に興味を持つ人も多いですが、運用方針や借入金の比率などの情報も丁寧にチェックするのがポイントです。オフィスビルを主要な投資対象としている銘柄が多い一方で、港湾地域の物流倉庫を中心に運用する銘柄も魅力的です。レジデンシャル系の不動産投資信託は賃貸マンションが主要な投資対象であり、これからも安定した賃料収入が期待できるでしょう。

需給関係や経済状況によって価格が変動するのが不動産投資信託の特徴であり、購入と売却のタイミングを見極めることが重要です。相場が大きく下落しているときには実質利回りが高くなるので、不動産投資信託を購入する人にとっては絶好の機会です。長期保有を考えている人にふさわしいのは、上場してから10年以上が経過しているような、実績のある銘柄です。複数の銘柄を購入して分散投資を心がけるのが、安全性を重視した資産運用の基本であり、借入金の比率が低くて低金利の融資を活用している銘柄を選ぶのが理想的です。保有する物件の立地条件や築年数に注目するのが、質の高い銘柄を見つけるためのコツであり、個別銘柄のウェブサイトの最新情報を活用するべきです。